人生を楽しみます

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初海外!台湾旅行一日目

ご無沙汰しておりました。
どうもブログを続けることが苦手(基本的に飽き性)で、今年ことは習慣化して続けたいと思っております。


ブログをサボっている間に何もなく淡々と過ごしているかと思えばそうでもなく、先月は初の海外旅行に行ってまいりました。
初めてということで選んだのは親日国の台湾。
同じアジアだし、日本の観光客も多いというので初心者は安全かなという理由から。
初めてパスポートを申請して、初めて旅行会社に行って手配して・・。
なんせずっとニート期間が多く友達も皆無だったので誰かと旅行に行く機会もなく、飛行機なんて8年ぶりくらい・・・。人生で三度目くらいでしょうか。
台湾の言語って何?ってレベルで(どうやら北京語のようです)、英語もきっと小学生のほうが話せるでしょうってレベルで今回初の海外旅行に挑みました。


感想はー・・・


なんとなるものだね!


前日に荷物を詰めて羽田空港に行って、早めに手続きを済ませて、かわいいきてぃちゃんの飛行機に乗っていざ出発。
荷物はどこに取りに行けばいいの?→前の人についていけばオッケー。
ちゃんとガイドの人はいるかしら?→あっちから話しかけてくれた。
ガイドさん何言っているかよくわかんない→とりあえずオッケーっていえばニコニコしていた。
台湾の地を訪れて最初に思ったのは『暑い』ということ。12月だよ?!って。
12月なのに気温は25度。コートは脱いでいたけど冬服だから暑い暑い。
目の前にはこの暖かい気温の中、冬らしくサンタがいたんだけど夏にサンタがいるっていう変なギャップに驚きました。
ガイドの手違いでお茶屋さんに連れていかれたんだけど、ただでお茶を飲めたからいっか。日本語で対応してくれるのがまた親近感。京都の話なんてするからこっちが勉強になりました。
ちなみに台湾では紙幣を両替するならお茶屋さんが一番安いらしい。
ネットで調べたら日本ではするなと書かれていたから現地の空港で(これも前に歩く人についていった)両替したんだけど、お茶屋さんに来られたならこっちで両替したかった。
そしてホテルでチェックインをして荷物を預けると、さぁ観光!
初めに行ったのはマッサージ。実はマッサージを受けに行くのも初めての私・・・。
どんな格好をすればいいの?って内心不安だったんだけど、ちゃんと着替えを用意されていて(パジャマみたいな服)こんなことなら今まで敬遠していた意味なかったなぁ。
もちろん最初は台湾の言葉で話しかけられるんだけど日本語で答えるとすぐにニコニコして日本語で話しかけてくれました。
台湾の人優しい!って思いましたね。
『お茶ドウゾ~』って片言で勧められて、トイレも大丈夫ですかー?って尋ねられたからお借りしました。台湾のトイレは汚い(どうやら紙を流してはいけないらしい!)ことを覚悟で入ったらマッサージ店だからか、入り口はあれだけど、中は綺麗でした。
いざ、マッサージ!
すっごく気持ちいいってわけじゃないんだけど、ものすごくリラックスできる。
マッサージってそういうものなのかな?手つきがとても優しくて、一瞬意識が飛ぶほど(寝そうになった)リラックスできた。
本当に常にニコニコしていて優しくて男性でも全く嫌な気分にならず、大丈夫ですかー?って気にかけてくださった。
マッサージって・・・いいね!
マッサージを終えると血の流れが活性化しているのがわかった。普段滞っていたんだな。


次に向かったのは龍山寺
台湾のパワースポットと呼ばれているらしい。
龍山寺に行くにはついに電車に乗らなくちゃいけないので悠游カード(easy card)を作った。日本でいうとsuicaのようなもの。これも台北駅で日本語で話しかけるも伝わらず、頑張って英語を話す!
私よりも多少ましな姉が頑張って話して無事にゲット。
電車に乗って出発!
あたりは夕暮れ時・・。
お祭りみたいな雰囲気。広場では何やら芸を披露している人もいるし、わくわく。
煌びやかなお寺だったのですぐにわかりました。中に入るとなにやらみんな三本の線香を持ってお祈りしている。膝をついている人もいる。むむ。
ぜひやってみたいと思ってあたりをぶらぶら。無事に線香をゲットしてお祈り。
さぁ、どうしようかと思っていると台湾人に話しかけられた!私の線香を指さしている。
首を傾げる。向こうは話しかけてくる。さて、まったくわからないぞ・・・。
彼は私から線香を奪うと、火をつけた!
そこで私は自分の間違いに気づいた。火をつける部分が逆だったのである・・。どおりで燃えていないはずだ。
「台湾人って優しい・・」
思わず日本語で話すと「japan?」って聞かれた。「yes!」と答えると、この三本の線香は一つ一つ願いを聞いてほしい神様のところにお祈りして、その場所に置いてくるらしい。台湾人ってなんて優しいんだ!
早速見て回っていると何やら飛び交う日本語。
私たち以外にも観光に訪れている日本人の多いこと多いこと。
丁寧にお祈りして最後はお守りを買って(やはり日本語が通じた)、次の場所へ。

 

次に向かったのは士林夜市
台湾といえばタピオカ!タピオカミルクティーを購入して通りを歩く。
すごい混み様で歩くのも一苦労。お腹がぺっこぺこなので食べ物の地下街へ。
見た感じスーパーの魚売り場みたいな感じ。そこで店がたくさんあって、ここでも日本語で巧みに話しかけられる。買い方も食べ方もわからない。しかし食べ歩きをしている人は少ないぞ?
「食べてってー!」と一人のお姉さんに声をかけられて答える間もなく席に案内される。どうやら席に座って注文し、座って食べるようだ。
エビの塩焼き、カキオムレツ、アワビ、カニの素揚げを注文。日本から持ってきたウェットティッシュで念入りにテーブルと手をふく。
出てきた料理の美味しいこと!台湾料理は魚介なのね!
パクパクお腹いっぱい食べて最後にライスのホットドックを買ってホテルへ向かった。
しかしホテルに向かう頃私たちは異変に気付いた。自分たちが異常に生臭いことを・・。
日本でも魚介を食べることは何度もあったけど、異常な生臭さ・・。食べるときは一切感じなかった生臭さが食後に襲ってくるとは。
姉と生臭い恰好をしながら台北駅真ん前の『シーザーパーク』に到着。
チェックインを済ませて部屋につくと二人してすぐさま歯磨きをしてお風呂に入ったのは言うまでもない。


こうして初の海外で言語の壁をほぼ感じることなく一日が終わった。