人生を楽しみます

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜型が朝型になるには難しい

私が自分が夜型人間だと知ったのは中学生の時だった。

 

夜型人間というよりは朝が弱い。

中学校は家から5分のところにあったから起きるのは七時過ぎで十分間に合った。

つまり夜更かししてもなんとか間に合っていた。

課題が終わらずいつも1時くらいに就寝。

たっぷり寝て、朝が来る。

その時からサイクルはおかしくなっていた。

オールも何度か経験した。

 

高校が朝5時半に起きないと厳しい場所にあった。

部活もあって夜は11時に帰宅。

今までたっぷり寝ていた人間が大きくサイクルを乱されることになる。

自分の時間を優先するあまりオールして学校に向かう。

睡眠時間は移動の1時間半。

あの頃は常に寝不足で眠かった。

ちょうど学校でも家庭内でもうまくいかなくなって不登校、引きこもりに。

この時から夜型が完成した。

朝5時に寝て、正午に起きる。

そんな生活を繰り返しながらなんとか高校を卒業した。

 

卒業後はもちろんこの生活スタイルを継続。

しかしこのままでは世間体が…とバイトをすることに。

仕事は何故か真面目だったので無欠勤、無遅刻。

酷すぎた夜型も改善されつつあった。

 

 

しかしこのブログでも何度か書いてある通り私はフリーターとニートを繰り返している。

その都度、朝型と夜型にいれかわった。

 

そして上京後の仕事は完全なる朝型の仕事だった。

あの恐怖の高校時代を上回る4時や5時起き…。

しかしこれを逃したらもう仕事はない。

そう思って頑張った。

結果根性で乗り切ったが低血圧なために午前中はずっと調子が悪かった。

 

やろうと思えば出来る。

ただ私の場合、夜型を完璧には改善できず睡眠時間が削れていき、次第に身体の不調は酷くなった。

 

そして現在。

今の仕事はどんなに早くても7時に起きれば間に合う。

常に疲れ切っていた頃とは違って体力も心も余裕がある。

 

結論を言うと、夜型から朝型になるのは相当の根性を入れないと厳しい。

私には向かなかった。

特にニートの時は完全に夜型に戻る。

 

ということで、きっと次転職しても、今みたいな遅い出勤時間の場所を選ぶと思う。

自分の体調を考えた上で仕事を見つけられたら嬉しいね。