人生を楽しみます

困ったらGoogle先生

 

大人になってから『いろんなこと知ってるよね』と言われることがあった。

私としては『ええっ!?どこが!』なんだけど。

ピスタチオを知らなければ幕張メッセも知らなかった私は博識から遠い人間だ。

というより一般常識から程遠い人間である。

それでもなぜなんでも知ってると思われたかは簡単。

何気ない会話で知らなかったり興味があるとなんでも調べてしまうから。

最初は生きて行く知恵として調べていたんだけど、なんせニート期間が長いと暇になりただ意味もなく検索マニア化して今に至る。

知り合いの好きなアイドル、韓流、芸能人、本、作家。

主にゴシップマニアになっていたけれど(笑)

 

そんな検索マニアになって得したことはたくさんある。

本当にたくさん。

私はヤフーとGoogleを第二の両親だと思うくらいお世話になっている。

 

どんなことが助かったかと思う1番は一般常識。

私の実の両親は無知だった。

それでものすごく苦労して苦しんだ過去がある。

例えば奨学金、特待制度のこと。

申請には親の職業について記入することがある。

親の職業は知っていても、当時親の仕事はグレーだったので、私は記入の仕方がわからなかった。

母親に相談したんだけど、親の言っていることがわからず、とりあえず親の言われるままに記入したら案の定学校では通らず、それを親に伝えたら逆ギレ。

結果、わからないことは全部ネットで調べた。

ネットなら匿名で、恥ずかしい思いをしてもネットの中でだけ。

 

 

いつしか親からは『親よりもネットの方を信じるのか』『ネットで調べれば?』と言われるようになった。

多少傷ついたけど、やはりネットを使い続けた。

誤魔化せばなんとかなると思っている親のようにはなりたくなかった。

 

今でもわからないことはネットで検索する。

ただ今となっては寝坊した時の対処法とかどーでもいいことを検索しちゃってるけど(笑)

 

わからないから嘘をいうより、言い訳するよりはネットで調べた方が確実だし早い。

 

 

要は使い方次第ですよ、ネットも。

 

だから私は今でも困ったらGoogle先生を頼っています(笑)