人生を楽しみます

共感してもらえたことで反省も出来る

今日は仕事で大きなトラブルを起こした。

小さなミスが最近増えてきている。

理由はわかっている。

ビクビクしているから。

最近同僚との関係が良くなく、それで雑念が多いから集中力散漫になっている。

 

メンタルの問題って本当に厄介。

強靭なメンタルか、ぶれない集中力が欲しい。

 

同僚の方は本当に困った顔をして呆れてもいた。

けれど図々しいことに私は自分のせいではないと思った。

トラブルを起こしたのは確かに私なのだけれど、いつものやり方をしだけなのだ。

特別雑にしたわけでも、乱暴にしたわけでもない。

いわばそういうタイミングだったのではないかと思った。

しかし最近のミスの多さで信用は失墜。

これは自業自得である。

ましてや損害やデメリットも生じる。

だから職場の雰囲気は険悪。

 

でも別の同僚に凹んでると話したら『仕方ないよね。どうしようもないし、結衣さんが悪いわけじゃないよ』と言われた瞬間、ハッとした。

私は共感してもらいたかっただけなんだ。

でも社会人になると叱られることは多いけど共感してもらえることはなかなかない。

だから私みたいな性格の人間はどんどん卑屈になっていた。

本当に恥ずかしいことである。

そこで漸く自分がどれだけ迷惑をかけたかわかったし、そう言ってくれた同僚の方が今までどれだけ優しかったか知った。

 

実はこの同僚の方、少し苦手だった。

言い方がキツイ上に上から目線なところがあったから。

でも彼女が優しいことなんて入社してすぐにわかっていたはず。

私がみんなの顔を覚えられず挨拶が遅れた時に、『挨拶しようよ』と歩み寄ってくれた。

あの時は上から目線なんて感じなかった。

緊張している私に気づいているかのような声音だった。

今回も、同じだった。

 

やっぱりまだ自分は未熟なんだなと痛感した。

 

自分の悪いところも認めなくちゃいけない。

社会人になったら自分は悪くないなんて意地を張りすぎるのはよくない。

折れるところで折れるのもまた大人なんだろうな。

 

 

共感してもらえたことで、とても心が軽くなった。

ちゃんと反省できてよかった。

問題はまだ解決していないから、最後まで責任を持ちたいと思わせてもらえたことに感謝。

ちゃんとその責任に向き合おう。

 

 

…でもやっぱり叱られるのは怖いです( ;∀;)