人生を楽しみます

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美女と野獣

昨日はディズニーの実写映画の『美女と野獣』を観に行きました。

美女と野獣は世代だから観たことがあるけど、ずいぶん前だから内容は結構とんでいた。

最後は野獣が王子になってハッピーエンドでしょ?くらいなざっくりした内容以外忘れてた(笑)

 

そして映画を観に行ったら…

 

 

泣いたね‼︎

 

 

こんな話だったんだ〜って改めて観ると発見もあるね。

 

ベルって変わり者って言われてるけどすごく自分を持った女性で、それでいて美人って最強じゃない?

美人だからって我儘で高慢ちきなタイプでもなくて、頑固だけど学ぼうとする意識があるから柔軟性もある女性だと思う。

ベルの良さをエマがとても上手に演じていたように思う。

 

出演者の歌もとても素敵だったねー。

本当にディズニーってミュージカル向き。

 

 

ハッピーエンドになることはわかっているのに、終盤のシーンは泣いてしまったよ…。

特にポット夫人とチップのところ。

 

子供の頃は真逆の二人がくっついたように思えたけど、今回観てみてベルにはビーストが、ビーストにはベルが運命の相手だったんだなぁって思える。

ガストンなんてベルの容姿しか見てないし。

でもビーストはベルの外見も内面も同じくらい好きになったんだろうなぁ。

自分を変えてくれた、受け入れてくれたベルのことを最後は本当に愛していたから自分の物にならなくてもいいって思えたんだよね。

ベルにとってビーストは探究心を埋めてくれる、同じ価値観を持った人だったんだと思う。

どこか満たされずにいたベルにとってビーストこそが理想の相手だったんじゃないかな。

 

とにかく二人は理想のカップルだったんだと気づいてきゅんきゅんしました。

 

字幕版を観たんだけど吹き替え版も観たいなぁ。

ミュージカル俳優が勢ぞろいだから気になる。

 

おすすめの映画です( ´ ▽ ` )!