本来無一物

時に極端に、時にふらふら〜と生きている日常を綴ってます。

わかりやすい転機

ちょこちょこ体調不良、心身療養とかブログに書いて自分を客観的に見る癖をつけています。
ここで自分の今置かれている状況を見ると世間一般的に言うところの無職(ニート)です。
暇だ・・・働きたい・・・でも体が動かないぞ・・・って感じの日々を過ごしていたらここにきてさらに体調が悪化!
最近耳鳴りが止まらず病院に行ったら難聴を宣言されてしまいました。
いや、わかってたけどね。
もともと聴覚が人より弱く、人の言葉を聞き取れない人間でしたから。
子供の時からその自覚はあったけどみんなそうだと思ってて周囲も気にしなくて。
でも1年前の健康診断でついに引っかかって。
最初の病院で言われたのは聴覚が人より弱い、神経の問題だから治らないとのこと。
治らないと言われたら仕方ないと諦めるしかない、と思っていたのが一年前。
そして現在、明らかに聞き取りづらいんですわ。
諦めるしかないと思ったけど、人とのコミュニケーションが不便でならない!
皆が無音の空間で舞台役者みたいに活舌よくハキハキと話してくれたら聞こえるけど、現実は違うじゃない。
コンビニのスタッフの言葉なんて私全然聞き取れませんもん。
前職の退職前もコミュニケーションで苦労しました。
会話ってとにかく生ものだし、盛り上がったら早口だったりする。
そしたらなんて言った?って聞き返すとしらけるんですわ。
一度なら良くても、二度三度じゃしらけてしまうからこっちは内容を想定してコミュニケーションをとらなくちゃいけないからものすごく疲れる!
比較的『言葉のやりとり』が多い職種だったのでもう人によって聞き取りづらい。
それもストレスの一因だったなと今は思う。
それでここにきて耳鳴りもしてきたし、私がテレビをつけるとお隣さんに壁ドンされるし(小さい音じゃ聞き取れない)、仕方ないからテレビを使う時はイヤホンして対処してたけど明らかに耳に負担をかけている状態ってことで、セカンドオピニオン
最初の病院と同じような検査や違った検査もしたら、やっぱり神経の問題とのこと。
でも今回は以前のように治りません、日常生活に不便ないでしょう、ではなくはっきりと難聴と言われました。
それで改善が見込まれる薬を処方されたから驚き。
治るんかい!みたいな。
ちなみにイヤホン禁止令が出てしまいました。
テレビ観れないやん(テレビ自体はあまり観ないけどYouTubeの利用に使ってました)。
さらにカミングアウトすると私はうつ病なのでうつ病の薬と難聴の薬で薬漬け状態。
うつ病睡眠障害、難聴と厄年かってレベルで体調を崩した一年になりましたけども、自分を見直す機会を神様がくれたんですかね?
そのせいかあまり落ち込んでいません。
ただ耳が直るのであればラッキー!治らないのであればどうしようって感じです。
補聴器でどうにかなるレベルだといいんですが。
最初の病院で日常生活に問題ないでしょって言われたもんで、日常生活に問題ありまくりってことを耳の聞こえる医者がわかるか結構疑っています。
日常生活でみんながみんな近くでハキハキ話してくれるもんじゃないんだから。
統計学的に大丈夫でしょってことと日常は違うんですから。
最近はもっぱらYouTubeでヨガを観ることと音楽を聴くことを趣味にしていましたけど、読書にシフトチェンジ。
でも私、目もものすごく悪いんだよな・・・。
とりあえず年内は体力が落ちないことを頑張ろーう。