本来無一物

本来無一物

時に極端に、時にふらふら〜と生きている日常を綴ってます。

わかっていても辛い

 


職場の方が私の愚痴を言ってたみたい。
仕事遅いから仕方ないんだけど陰で言われるのもなぁ。
叱るまではいかなくても、注意してくれたらすぐに直したのに。
辛いね。
言われてるのはわかってたけど、自分の耳に入ってくるとやっぱり辛い。
常に私のフォローをしなくちゃいけないから辛いのは私じゃなくてその人なんだけど。
更新のことを周囲に聞かれるとやっぱり私いちゃいけないんだって思っちゃう。
それを逃げという人もいるし、迷惑だからさっさといなくなれという人ももいる。
どうしたら迷惑にならないんだろう。
自分の気持ちは残って頑張りたいけど。


自分の課題を頑張ろう。

趣味って大事よ

最近乃木坂46の曲が心に響きます。
かわいい子を見て癒されていたけど、今は曲にも癒されてるー。
秋元康ってやっぱりすごいんだな・・。
金の亡者に思う時もあるんだけど(笑)、ちゃんとした才能がある人なんだなと今は思う。
明るい曲も、少し闇のある曲もすべてが好き。
アイドルが歌っていると馬鹿にしないで聴いてほしい。
良い曲がたくさんあるから。
『命は美しい』は歌詞もとてもいいんだけどメロディーも繊細でガラスのようにキラキラしてて、その二つが合わさって素晴らしい曲になっていると思う。

最新の曲『夜明けまで強がらなくていい』は本当に胸に刺さる。
『情けない自分が腹立たしく思えて、命の無駄遣い誰に謝るか』
そういう歌詞があるんだけど、やけに耳に残る。
こんなこと言ったら中二病に思われるんだけど、アラサーがこんなこと言うなって話なんだけど、本当に今の自分に重なる。
なんでこんなに頑張っても、報われないんだろう。
できないんだろう。
自分に怒りすら湧いて必死に努力して、幻滅して、その繰り返し。
そこまで深く考えなくていいじゃん、もっと楽しめばいいじゃん。
そう思う自分もいて、でもできなくて。
本当に命を無駄遣いしていると思う。
せっかく生きてて誰にも貢献できなくて、自分すら大事にできなくて。
そんなときこんな曲を聞くと、私は落ち着きます。
もっと病んじゃう人もいると思うんだけど、私は少し気楽になる。
また別の曲を聴くとアンサーソングに思えたり。
同じ人が歌詞を書いているんだからそりゃテーマが似ているのもあるよね。
秋元康、人の弱いところを突いてくる奴め!(ほめてる)


鬱々としている人、乃木坂46の曲おすすめです。
あと単純にかわいい子に癒されてくださいませ。

 

返済できました

奨学金の返済が今日で完了しました。
はー、長かった!
10代から返済を続けて、途中無職で滞ったりもしたけど、無事ちゃんと返済が終わりました。
奨学金機構の方からは『お疲れさまでした』と言われました。
実は無職の時、どうしても工面できなくて奨学金機構に相談しました。
私が20そこそこってこともあって受付の方はすごく親切にしてくれました。
大変でしたね。就職が決まってからで大丈夫ですよ。
そんな言葉だったと思う。
言葉は朧気だけど、とても親切な対応だったことはすごく覚えていて、絶対期日までに返済しよう!と決めた。
無事仕事に就いてから停めてもらっていた分をまとめて返済しました。
そして全額を、今日完済しました。
感慨深いものがあります。
私のように高校に行くことすら困難に近い人にとって、奨学金って本当に重要な制度。
うちの親は奨学金という制度を知らなかったから、学校でそういう制度があるって初めて知って、説明した記憶がある。
もちろん制度を知らなかった親はそれをしっかりと『借金』と認識して、ごめんなぁ、という感じで私にそれを申し込むように言った。
私の場合、特待制度と奨学金制度、親の頑張りで何とか高校を卒業出来ました。
本当に恵まれていたと思う。
この3つのどれかが欠けていたら高校を卒業できなかったんじゃないかな。
本当にありがたい。
高校を卒業できなかったら、今こうして上京して生活してなかったかもしれない。
身近に高校を中退した人がいるんだけど、やっぱり面接で落とされることが多かった。
自分の意思で中退する子もいるけど、たいていは親の影響もあると思う。
うちの両親がもし子供は高校を卒業しなくていいと思っていたら、私は卒業までできなかったわけだし。
もちろんいろんな理由があって中退する人もいるけど、今は定時制や通信などもあるし、高校を卒業する手段は結構あると思うんだよね。
それができないっていうのは金銭的な理由が多いと思うんだ。
私ももし金銭的余裕があったら高校卒業後進学したと思う。
でもうちにはそんな余裕がなかったし、私もそこまでの熱意がなかったから進学はしなかったんだけど。
高校を多くの人の助けで無事卒業させてもらったわけで、そこでいろんなことを学ばせてもらった。
卒業して今年で10年になるけど、今でも高校の3年間は濃いものだと思ってる。
その濃い3年間を送らせてくれて本当にいろんな人に感謝だ。
私が返済したお金でまた誰かが奨学金を借りて、って循環していくんだよね。
どうか、充実した3年間を過ごしてください。
奨学金を返済しない人が多いとニュースで見る。
でも返さないと、いつかそういう制度が無くなってしまう。
本当に必要な人が学校に通えなくなる。
高校の無償化が進めばいいけど、それまでに必要な人がいるんだからどうか返済してほしい。
月に1万以上は確かに高い。
だけどそのおかげで学校を卒業できたならどうか次の世代にも学校生活を与えてください。


もし私に余裕があったら寄付するところだけど、現状は厳しい。
でもいつの日か寄付できるような人間になりたいと思う。

 

一石二鳥とはこのことか

自分の計画性のなさのせいで月の後半を3000円で生活することになりました。
何にお金を使ったか?
夏服と食費です。
貧乏性云々とか言いながらいらないことにお金使ってました。
いや、いらないことじゃないのもあるけども。
服は必要だったけど、明らかに買い過ぎました。
反省!
あとは来月、舞台を3回観に行きます。
つまり3万飛びます。
その分のお金を今月分から引いたら残り3000円になりました。
食費、日用品込みです。

がーん。

できる気がしない・・・けど幸いなことに納豆と佃煮、ごはんはある!
少しのおかずもある!
納豆たまごかけごはんを連発したらいけないこともない?かもしれない。
食事の量も減るだろうから結果的に体重も減るかもしれない。
ポジティブに考えれば一石二鳥!


どうか貯金に手をつけませんように。
この貯金はクビになった時に使う生活費です。
こんな状態で舞台なんて行くなよって話かもしれないけど、行かないならなんのために働いているのかわからなくなる。
生きるためと趣味のために働いているんだから舞台は何が何でも行きます。

食事の栄養面は卵と納豆、青汁に頼むことになりそうです。
頑張れ私。

 

お断り

 

職場が人手不足で明日出てくれないかって言われた。
お断りしました。
なぜなら明日の休みを心待ちにしていたから。
最近残業してて、ただでさえ睡眠の質が悪くなっていたから今の私じゃ快く引き受けられない。
だから予定があったわけじゃないけど断った。
すごく罪悪感があってすぐにやっぱり大丈夫です!って言いそうになったけど本心は休みたい。
大丈夫って言い続けてぶっ壊れたわけだし。

ごめんなさい、職場の方。
まだ罪悪感引きずってます。