人生を楽しみます

1440

ケビン・クルーズさんの「1440分の使い方」を読んだ。
彼は忙しさのあまり、無意識にパトカーを追い越すという暴挙を行った人物(*複数の数百万ドル規模の企業の創業者)である。
毎日必死になって働いても時間が足りない状態。
当然家庭も仕事もうまくいかない状況で彼は「1440」と書かれた紙を貼るところから変わる。

1440


それは1日は1440分であるということ。
するとこれまで常に部下から投げられていた相談が減り、本当に大事なものばかりが彼に届くようになる。
1440分の大切さを皆が理解した瞬間である。


この本を読むことで忙しさから解き放たれる…という風に書かれているけど、私は忙しいままだったな(笑)
だけどこの本が駄作かと言うと決してそうではなくて、ケビンさんの人柄(もしくは翻訳さんの才能)が良いのかとても素直に受け止められるように進行し、理解しやすい内容になっている。
ケビンさんの謙虚さのおかげで日本人は受け入れやすいのでないだろうか。

特に私が腑に落ちたのはtodoリストをやめなさいと書かれていたこと。
え、書かないと忘れちゃう…と思っていたら彼はやらなければいけないことをスケジュールに入れてしまうと言うのだ。
これなら納得!
TODOリストは書いても結局達成されないことも多いけど、スケジュールに入れてしまったら達成される確率が格段にあがる。
だからと言ってなんでもかんでもスケジュールに詰め込めばいいかと言うとそうでもない。
スケジュール管理の大切さもまた語ってくれているので、TODOリストと同じ罠にははまらないようになっている。

お金、時間、ワークライフバランス
この3つに悩む人が多い中で、解決策をさらりと教えてくれる。
そんな一冊。


時間の使い方がわからず、損をしている気になって焦る今、私に必要な一冊。

 

 

物欲が満たされる

 

あれですね。

20代も後半に差し掛かり世間的な荒波から外れてきたせいでしょうか。

ある一定ラインを超えた時に物欲が消えました。

今流行りのミニマリストではないです。

憧れてるけど。

 

私の場合、Kindleを買った時にそれは訪れました。

もう好きな本はこれにためればいいし、無料で(Amazonプライム会員なので)本も読めるし、もう欲しいものは全部手に入れた、って。

 

 

おやおや〜って。

もっとしてみたいことやりたいこと、欲しいことあったでしょうよ。

 

でも満足しちゃった。

満足したと同時期に心身壊して仕事も辞めちゃった。

引越しも重なったから色々捨てちゃった。

 

暇になっちゃって鬱々しちゃうといけないから掃除を徹底的にしたり、お部屋の修理をお願いしたり、それでも暇だから散歩したり、本読んだり、ドラマ見たり、ヨガしたり。

めっちゃ健康的。

 

家綺麗だし、家事やってるし、自分偉い。

 

こんな風に仕事でも自分偉いって思えたらよかったな。

 

次仕事したら少しでも自分を褒めよう。

 

 

ちなみに一人暮らしで料理が苦手だから食欲も低下した。

けど、りんごの皮むきに挑戦してりんご食べたり、野菜を食べたり。

 

仕事してた時の毎日スーパーの惣菜orコンビニよりだいぶ健康的。

 

まあ、この機会にいらないものをどんどん捨てていきたいですね。

 

 

 

私を否定するんですか。

人って否定されたら辛い。

自己承認欲求という言葉があるとおり認められたり、褒められると嬉しい。

それが欲しい。

でもそれが与えられないと自分の不備、至らなさ、劣等感で悶々もん。

挙げ句の果てに生きてる意味なんてないと自分が自分の存在価値値踏みして否定する始末。

誰の価値観ですか、それ。

だったらいっそのこと全否定極めてみよう。

私を否定するんですか。

そうです、ってね。

 

それが出来たらもうこわいものなし。

自分は何者でもなく風のように雲のようにすいすい〜と生きていく。

なんなら自分は借り物とでも思ってみる。

人から借りたものなら大切にしてみる。

最低限の衣食住を用意する為に働いてみる。

壊れないようにメンテナンスもしっかり。

それでいてこの世界に存在している意味として何かできることを還元していこうかしら〜なんて。

 

 

有り余る時間の中でそんなこと思う。

 

英語が全くわからない私でもジェスチャーで伝わる

 


彼氏と旅行に行った時のこと。
綺麗で料理も美味しかった旅館に泊まれたのでラッキーだった。
気になったのは外国人の多さ。
観光シーズンではないと思ったけど気にせず温泉にgo!
やはりシーズンではなかったので温泉はガラガラで貸切状態。
彼氏をあまり待たせてはいけないとあまり堪能せず(今思えばもったいない!)さっさとあがって化粧水を塗っていると1人の外国人女性がやってきてうろうろ。
何しているんだろうと見守っているとしばらくして彼女が話しかけてきた。
おいまて。
私は英語がわからないぞ!

 

「excuse me」

 

さすがにこれはわかった。
しかし彼女はそう言ったっきりah〜となんだか恥ずかしそう。
もじもじとした雰囲気にようやく私は理解した!
japanese式入浴方法がわからないのだ!

私はジェスチャーで服を脱ぐ真似をして浴室を指す。
ちなみにタオルをNOと言うことも忘れなかった(笑)
ジェスチャーでもちゃんと通じたようで彼女は恥ずかしそうに笑ってくれた。
ok?と尋ねると、okと答えてくれたので私も安心。
最後に楽しんでねと言いたかったのにenjoyという単語しか浮かばなかったあたりやはり私は英語ができないようだ。


でもジェスチャーでも意思疎通できるのって嬉しいね。
なんとかしようとしたら、人ってなんとかできるものなのかも。

嫌で仕方のないイベントこそ楽しいときもある

劣等感の塊なもんで自分に魅せられる何かがないと人と会うことに引け目を感じてしまう。
きっとこういうところが自意識過剰なのだろう( ˙-˙ )

だからこの時期の忘年会や新年会なんで勘弁してくれよと内心では思っている。
幸い強制参加の職場ではなかったのでいつも不参加してきたのだけれど、職場とは別にプライベートでのそういう行事は即不参加!と言えないのが辛い。
自分のメンタルさえ良好であればいけるのだけど…。

 

いつも不参加になれば当然誘ってもらえなくなる。
それは寂しい(ワガママ)。


だから失礼だけど渋々…本当に仕方なく今回は参加することにした。
メンバーは前の職場の方。
みんな独身で趣味に没頭しているせいか(前にブログで書いたスーパーウーマンたち)話題の宝庫と言いますか素敵で面白い方たちなのだ。
だから余計会いたくなかったりとするんだけど。
彼女たちに会うことで緊張し、数日前からそわそわ。

約一年ぶり。

 

そしていざ会ってみると…
前と少し変わったような変わってないようなメンバーたち。
『女子力あがったんじゃない?』
と、会って早々に言ってもらえたので緊張が一気にほぐれたのかも(笑)

 

注文とか、とりわけとかしつつ、みんなとの会話に花を咲かせる。

あれ?
予想以上に楽しいぞ?


てっきり借りてきた猫状態になり、早く帰りたい…と思うかと思っていた。

基本喋ることが好きな方たちだったからかも。
そういう人たちと一緒にいると自分までおしゃべりになり、よく笑い、よく話す。
本当に久しぶりに人と会って楽しいと思えた。
ふと感じたのは人と無理に合わせることはしないで自分の意思を伝えられるようになったなということ。
だからストレスを感じなかったんだ。


初めましての方もいたのだけどその方もとっても優しくて面白い方だった。
同世代の輝いている方に会うのっていいね。
自分の至らない点、そして成長した点に気づける。

 

最近仕事や恋愛の不満ばかりだったけど、それしか世界がないからだったんだな。
こういう楽しいことがあると、満たされて不満なんて忘れてしまう。

1人趣味が多い私だけど、人と関わっても楽しいと感じることができたし、むしろ刺激になった。

時には1人よりは他人と会った方が絶対いい。

そう感じた1日でした。

知らず知らずのパワハラ

 


前回の記事に関連してパワハラについて。

最近パワハラの怖さを実感した。
パワハラの存在は知っている。
でもいざ身近にいたらパワハラって案外気づかないものなのかもしれない。

私の職業が飲食業という万年人手不足で昔気質な人が多いからかもしれないけど。
とにかくみんな言葉がキツく、実力主義だ。
文句があるなら実力で返さなくちゃいけないのだと学んだ。

一回教えて覚えなかったら見事に出来損ないの烙印を押される。
それが飲食。
だから最初からやる気あります、頑張ります!みたいな姿勢は気に入られる傾向が強い(逆に嫌われる場合もある)。
私のような不器用人間は大抵一回では覚えられないのでしつこく聞きまくったら一応やる気はあるのだと知ってもらえて(?)粘り勝ちで最終的には認めてもらえることもあった。
でもそれにも限度があるので(3回同じ質問したら嫌われる)、2回目の時に自分の解釈で合っているかのチェックをお願いする。
間違ってたら違う!と教えてもらえるし、すぐさま先輩の前で同じようにやってみる。
で、やり方を覚えたらあとはひたすら練習。

このやりかたで今まではなんとか上手くいったし、みんなそんなものだと思った。
怒られるのは当たり前だし、最初は使えない人扱いされて当然だと。


しかし、現在は飲食業とは言っても生粋の飲食とはちょっと違う。
こういう話を何気なく今の職場の人に言ったら『それパワハラだよ』と。

え、そうなの⁉︎って驚いてしまった。
それが当たり前すぎて全く気づかなかったのだ。
給料泥棒と言われて当然と思っていたし、一回で覚えられなくて怒鳴られるのも当然。
相手にされないし、対等に向き合ってもらえないのも…。

これがパワハラだとしたら、きっと私は何気なく知り合った新人さんにパワハラをしていたのかも…と振り返り怖くなった。
ものすごく反省、である。


でも、と思う。
認められた時、それはそれは嬉しいものなのだ。
どうしても今の職場は緊張感がないように思える。
出来た時の達成感は真剣に取り組まないとわからないんじゃないかなぁ?
仕事を単なる習慣として過ごすのはあまりにももったいない気がする。

これも押し付けがましいかもしれないので今は自分の胸のうちにとどめておく。

ただ、今回のことは勉強になった。
自分の通ってきた道が必ずしも正しいわけじゃない。
そこのところ柔軟に対応しないときっと自分や周りを傷つける。

 

気をつけよう。

いじめにいじめ抜かれた職場すぐにやめてよし!

 


田舎からの上京や派遣社員として働くようになって多くの会社に勤めた。
ボーナスはないし、明日も知れぬ身ではあるけれど、現段階ではこの派遣社員というスタイルを私は気に入っている。
学びの精神を常に持っていられるとかメリットはたくさんあるのだけど、一番は契約期間が決まっていることだと思う。
合わない職場は契約満了(派遣社員は大抵3ヶ月毎の更新)ということで、退職すればそれほど転職する際に響かない。
だって、派遣は良くも悪くも人手不足の穴埋めだから。
企業側との契約満了なのに、居座り続けることは派遣社員には許されていないのだ。

運が良いと大事にしてもらえて長く雇ってもらえるけど、悪ければ給料泥棒と罵られる。


今まで勤めた会社の中で当然ひどい職場も見た。
あの頃は新人のうちはそういうものと思ったけど今思えばパワハラだったのかもしれない。
とにかく、笑顔を向けられることはなく、ため息をつかれるか棘のある言い方で怒られるかだった。
金もらうために来てるんだろ、迷惑と言われたこともあった。
言っておくと、私は超がつくほどの真面目である。
あの頃は純粋に役に立ちたいという思いが強く、向上心もあった。
ただ、私はかなり鈍臭い人間である。
はじめての作業は大抵出遅れる。
それをカバーしようと早めに来て作業したり、感じ悪くならないように元気に挨拶したり、自分から質問したり…。
でも最終的には無視され、睨まれ、従業員10人程に囲まれて怒鳴られた時はさすがに泣きそうになったよ。
25のいい大人だったけど(笑)
でもそれは社会人として失格だと思って堪えて。
今思えば完全に病んでしまっていたと思う。
一人一人に迷惑をかけてすみませんでしたと謝って。
帰ろうとしたら窓ガラスをバンバン叩かれて呼び止められて怒られて。
私はしどろもどろになって。
こういう私の不器用さが多分癇に障ったのだろう。
結局私は名前すら覚えてもらえず5ヶ月で退職した。

とにかく悪口の多い職場で嫌だったということもあるけど、きっかけは姉と食事に行った時だった。
何気なく姉にこんなことがあった、辛くてトイレで泣いたという話をした。
でもそこは姉。
私を慰めたりしない。
『あんたそれ25歳の女が話すことじゃないよ』
ガビン!と来たね。
愚痴を聞いて欲しかったのに姉はそれをシャットアウトしたかった。
当然である。
せっかく姉妹で食事に来たのに姉は私の愚痴を聞きたかったわけじゃない。
美味しい食事を食べて、それこそ25歳の女には豊富な話題があってもおかしくないのに、私が選んだ話は自分を慰めて欲しいがための惨めな話。
これが衝撃的だったのだけれどさらに言えばその頃掛け持ちをしていたのだけど、10代の女の子もいた。
彼女たちは私から見たら甘ちゃんだし、理想と現実を知らず浮かれている。
でも当時の私のように絶望して疲れ切った顔とは無縁だった。
夢と未来が約束されたような清々しい顔だった。
女同士だと当然メイクや年齢の話をしたりもする。
『〇〇さんって老けてるよね』
ある女の子が同年代の女の子のことを話していた。
ドキッとする。
その〇〇さんは私より年下だ。
年下の子の目線は厳しい。
自分の顔を見たら実年齢よりも相当老け込んでいるように見えた。
体も心もボロボロだ…。

そんなこんなで仕事を一旦辞めて自主的にリフレッシュ休暇を設けることにした。
とは言っても疲れ切っていた私は予約した美容院すら行けない有様。
単なる寝坊。
でも、必ず起きれなくなるのだ。
人との約束というものが億劫になってしまっていた。

結局復職するまで2ヶ月の時間を要した。
さらに言えば精神が回復するには半年かかった。


辞める当日になったら挨拶してくれた人もいたし、もう少し頑張れば馴染めたかもしれない。
私のような不器用な人間が半年で辞めるには早かったのかもしれない。
でも、やっぱり辞めてよかった、と今は思っている。

あのまま悪口が蔓延した環境にいても辛いだけだった。
きっといつか私は彼らと同じように新人をいじめ、それが正しいと思うようになる。
そんな人に私はなりたくない。


今の職場で本当に尊敬できる人にも出会え、またもう一度頑張ろうと思えるようになった。

 

体も心も壊してわかったのは、1日目でダメだと思ったらさっさと辞めてしまった方が傷は早く癒える。


ちなみに精神科医との会話。
私『仕事が辛くって夜も眠れないし食欲もなくて…』
『体壊すくらいなら辞めちゃった方がいいよ』

辞められたら苦労しねーよ!
…なんて思わなかったよ。
私が馬鹿みたいに真面目に悩んで話したのだけと、先生はまるで人生の先輩として私に言ったみたいだったから。
まるで私の悩みは簡単なんだよ、と横からそっと教えてくれたみたいだった。
決めるのは自分。
そう言われた気がして、体壊してまでそこで働きたくなかったのでやめた。
結果、私は幸せになった。


病院に行ったのはあの一回きりだったけど、良い先生に出会えた気がする。