本来無一物

時に極端に、時にふらふら〜と生きている日常を綴ってます。

はっきり正直に言う

正直でバカをみるというように世渡り上手の方は嘘も方便をマスターしている。
それが社会で生き抜くことだと思う。
でも禅では嘘はいけないことだと教えている。
現に私は嘘が苦手で嘘をつくたびに自分を押し殺している感覚に陥っていた。
電話が大の苦手でたとえ身内であっても電話は嫌いだ。
末っ子のせいか他人の世話も苦手。
人の世間話や愚痴はとても聞きたくないのでテレビの情報番組はほとんど見ない。
コメンテーターが誰々を批判したり当事者に立たれている方の言い訳だったり。
学生の頃は毎朝ニュースがつけられていたので事故や事件の話で朝からまいってしまっていた。
私以外の家族はテレビをBGMとしているんだけどなんで見もしないのに不愉快なテレビを流してわざわざ電気代を発生させているのか意味がわからなかった。
一人暮らしになってからはテレビをつけることはあまりなく、好きな芸能人の番組を見るくらい。
さて話を戻し結論を言うと、自分の感情を押し殺すことも大嫌いということだ。
人から電話がくる。
連絡が来る。
話したい様子である。
そういう時は決まって自分が聞き役に回ってきた。
本来の私はどうでもいい話なんて聞きたくないのに。
これが『久しぶり!今度○○行こうよ』という理由がはっきりとしたものなら全然嫌じゃない。
その○○に行って実はね、と相手が相談をもちかけたり、最近の生活を話す分にはコミュケーションだと思っているし、不快ではないんだけどね。
でも単に自分が寂しいから、暇だからってだけで連絡をする人もいる。
そういう人との会話はいわば私はツイッター
呟かれ、感情をぶつけられるのみ。
心の毒以外の何物でもないのに、我慢我慢我慢。
じゃあ自分も話せばいいでしょ、というのが相手の解釈なのかもしれないけど、そもそも電話が嫌いなんだって。
暇だからって電話しないのよ私は。
対面ほど嬉しく楽しいコミュニケーションはないと思うけどね。
ましてや難聴のため、電話は聞き取りづらく神経を使うため二重のストレス。
電話は緊急の時の場合では駄目なの?
仕事、相手の体調不良、本気の相談。
そういう時のツールでよくない?


・・・と、相手批判になってしまうのを防ぐため、ちゃんとはっきり言うことにしました。
電話ではなくて、メールがいいとかね。
相手の声を聴きたいとかそういう意味もあるのかもしれないけど、1時間もの時間を奪ってはいけませんというのが私の持論です。
電話は10分以内にしたいです。
誰かの役に立てればと堪えてきたけれど、本当に体の毒になってしまったのではっきり言う方が両者のために良いはず。
堪えている時点で役になんてたててませんから。
最近よく本を読むおかげで少しずつ心が解放されていきます。

時を経て愛される

私は愛情に関して少し鈍い。
今まで恋に恋したことは何度かあるけれど、他人を本気で愛したことは残念ながらない。
それは絶対幼少期の愛情不足(単なる卑屈精神とも言える)が原因だと思う。
父は育児放任主義、母は障碍のある娘と絶賛反抗期の娘、そして祖母の介護で手いっぱい。
どうせ私なんか誰も見てくれないという卑屈精神はやがて年頃になってくるといつか私を大切にしてくれる誰かが来てくれるという幻想に代わり、20代になりそんな夢は訪れないという現実に到着した。
今でも自分に注目してよー!!っていう感情が負のオーラを放って周囲に浴びせてしまうことがあるのでそこをぐーっとこらえる練習をしています。
負のオーラは自分も周囲も幸せになれないのでね。
そんなこんなで人に依存しない精神を貫いていたわけなんですが(意地でそうしたわけではないのですが)最近では愛される時期とかタイミングっていうのもあるのかなと思い始めてきました。
というのも大人になってある程度の欲を自分で満たせるようになって、ふとした瞬間に家族や友達を思い出す。
自分はもう満足だから誰かに何かをおすそわけしたいという気分になるんです。
それまでは自分に注目して!見て!という承認欲求がとても強かったので、自分に得になることをしてくれない人は冷ややかな目で見ていました(最低なのは自覚しています)。
でも余裕ができると他人の承認欲求に気づいた時に少しでも役にたてるかなって意識に変わります。
大きなことは出来ないので話を聞くぐらいですけど。
そうやって話を聞いて一番理解できたのは家族の愛情不足。
私も寂しかったけど、みんなも寂しかったのね。
両親も愛情不足だったために、子供も愛情不足になって今も苦しんでいる。
大人になって私ができることが増えて少しでも親の支えになることをしてあげたら、親の顔がほっとした表情になった。
子供の時はもちろん寂しかった。
愛してほしかった。
でも親もそうだったんだね。
それに気づいたら自然と蟠りが薄れていきました。
この歳で漸く愛情は循環させればいいんだって気づいた。
その結果両親との関係は以前よりも良好になった。
そういえば数年前占い師さんに『あなたは依存欲が強い』と言われた。
人に依存しない精神貫き真っ最中だったので当てはまらないと思ったけど、今思えば承認欲求の強さってそれだけ他者に依存しているってことだよね。
そういう意味ではかなり依存欲は強いでしょう。
また別の占い師さんには『人に発信、届ける時期に入った』と言われたこともある。
これはまさしく愛情なのでは?と思う。
何かしてもらって当たり前ではなくて、自分がする番。
この占いの後に母親に『愛しているよ』と初めて言われた。


愛されていることに気づくにはそれぞれのタイミングがある。

 

ただいてくれるだけでいい


もともとうまいこと恋愛をしていけるタイプではなかった。友達付き合いも下手だった。一人に慣れ、孤独にも慣れるうちに自分一人で生きることの覚悟と自由を知った今、実は人付き合いはそこそこでいいのである。
悩み事とか誰かに話せたらそりゃすっきりするけど、その『誰か』に依存しすぎてしまうことがある。
これは浮いた子あるあるだと思うんだけど、私は学生時代から友達付き合いが苦手でしょぼんと一人になりがちでした。
それでいて感性も周囲と違っていたので所謂『浮いた子』。そんな子だったので他人から興味関心を持ってもらえるとすごく嬉しかったんだな。
その子だけにすっごく話しかけて友達になってアピールをしまくって依存した関係になってしまったことがある。
でも学生時代って『グループ』があって、私に話しかけたことでその子がグループから外れるような形になることがあった。
それを経験したら私ひとりでいいです!って思っちゃった。
もちろん孤独は嫌だったんだけど、私なんて面白くないし、私のためにギクシャクするのはもっと嫌だった。
そんな苦い思い出を経ての今なので、もう本当フリーダム。残ったのは気楽な人たちだけ。
自分の人生にちょこっと余裕が出た時に私のことを思い出してくれる程度なのでこちらも本当に楽なんです。
お互い楽しいことをしたいって思ったときにぴたっと波長が合うというんでしょうか。
毎週のように会う関係は一人好きの私にはしんどい。
よく一人で何するの?って聞かれるんだけど、本読んだりテレビみたり、散歩したり、舞台、イベント行ったり。散歩やヨガも好き。
一人でできることって多いんですよね。時間がいくらあっても足りない。
血の繋がった家族と20年以上一緒に暮らしましたけど、それでも一人の時にほっとする。
自分には自分の時間があって、家族には家族の時間がある。
お互いのちょうどよいタイミングで会うと大事にしあえる気がします。
THE亭主関白の家で育ったせいか、いろんな理由があってのことか、自分はこの役割をする代わり誰々はこの役割をする、っていうのがどうも苦手です。
何度かブログに書いているけど、恋愛で女性が男性を立てるというのも苦手。
奢ってやる代わりに(あるいは何かと表立って出る代わりに)ご機嫌とれよみたいな雰囲気を出されるものなら憤慨ものです。
謎の疲れた報告もうんざり。私はツイッターじゃありません。
というのも長年の男友達がちょっとかまってちゃんなんだな。
どうやら最近異性として意識してくれているようで、彼の理想の女性像というのが伝わってきても、私は長年彼の友達でいたわけなので今更キャラ変もできません。
彼には理想のデートプランもあるようだけど、何せ今の私は療養中ですしズボラで欲もありません。
ちなみに私の理想のデートはおしゃれな街でラフな格好での散歩です(笑)。
できるだけお金は使いたくないな、今は。
元彼が結構甘えてくるタイプだったのでそれが苦手でした。
しっかりしてよ~ってなっちゃう。
でも本気で悩んで相談してくれるとすごく嬉しいから私も変なのかもしれないけど(笑)
その男友達とは友達でいるときが一番良好な関係でいられる気がする。
でもこのまま恋愛と疎遠になっていいのか、私。
どんどんオシャレから疎くなって、ケチになっていってもいいのか!?
だけど今の私には必要のないもの。
世の男性女性はどうしてそんなに恋愛がしたいの?友達付き合いしたいの?
本当にわからない。必要なときだけじゃ駄目なのかしら?


まだまだ子供なんでしょうね、私の心が。
・・・いいのかそれで。

わかりやすい転機

ちょこちょこ体調不良、心身療養とかブログに書いて自分を客観的に見る癖をつけています。
ここで自分の今置かれている状況を見ると世間一般的に言うところの無職(ニート)です。
暇だ・・・働きたい・・・でも体が動かないぞ・・・って感じの日々を過ごしていたらここにきてさらに体調が悪化!
最近耳鳴りが止まらず病院に行ったら難聴を宣言されてしまいました。
いや、わかってたけどね。
もともと聴覚が人より弱く、人の言葉を聞き取れない人間でしたから。
子供の時からその自覚はあったけどみんなそうだと思ってて周囲も気にしなくて。
でも1年前の健康診断でついに引っかかって。
最初の病院で言われたのは聴覚が人より弱い、神経の問題だから治らないとのこと。
治らないと言われたら仕方ないと諦めるしかない、と思っていたのが一年前。
そして現在、明らかに聞き取りづらいんですわ。
諦めるしかないと思ったけど、人とのコミュニケーションが不便でならない!
皆が無音の空間で舞台役者みたいに活舌よくハキハキと話してくれたら聞こえるけど、現実は違うじゃない。
コンビニのスタッフの言葉なんて私全然聞き取れませんもん。
前職の退職前もコミュニケーションで苦労しました。
会話ってとにかく生ものだし、盛り上がったら早口だったりする。
そしたらなんて言った?って聞き返すとしらけるんですわ。
一度なら良くても、二度三度じゃしらけてしまうからこっちは内容を想定してコミュニケーションをとらなくちゃいけないからものすごく疲れる!
比較的『言葉のやりとり』が多い職種だったのでもう人によって聞き取りづらい。
それもストレスの一因だったなと今は思う。
それでここにきて耳鳴りもしてきたし、私がテレビをつけるとお隣さんに壁ドンされるし(小さい音じゃ聞き取れない)、仕方ないからテレビを使う時はイヤホンして対処してたけど明らかに耳に負担をかけている状態ってことで、セカンドオピニオン
最初の病院と同じような検査や違った検査もしたら、やっぱり神経の問題とのこと。
でも今回は以前のように治りません、日常生活に不便ないでしょう、ではなくはっきりと難聴と言われました。
それで改善が見込まれる薬を処方されたから驚き。
治るんかい!みたいな。
ちなみにイヤホン禁止令が出てしまいました。
テレビ観れないやん(テレビ自体はあまり観ないけどYouTubeの利用に使ってました)。
さらにカミングアウトすると私はうつ病なのでうつ病の薬と難聴の薬で薬漬け状態。
うつ病睡眠障害、難聴と厄年かってレベルで体調を崩した一年になりましたけども、自分を見直す機会を神様がくれたんですかね?
そのせいかあまり落ち込んでいません。
ただ耳が直るのであればラッキー!治らないのであればどうしようって感じです。
補聴器でどうにかなるレベルだといいんですが。
最初の病院で日常生活に問題ないでしょって言われたもんで、日常生活に問題ありまくりってことを耳の聞こえる医者がわかるか結構疑っています。
日常生活でみんながみんな近くでハキハキ話してくれるもんじゃないんだから。
統計学的に大丈夫でしょってことと日常は違うんですから。
最近はもっぱらYouTubeでヨガを観ることと音楽を聴くことを趣味にしていましたけど、読書にシフトチェンジ。
でも私、目もものすごく悪いんだよな・・・。
とりあえず年内は体力が落ちないことを頑張ろーう。

 

自分をかっこよく見せると疲れる

 

よく年相応じゃないと言われます。
20代の言うセリフじゃないとか、古いとか、まぁおばさん思考と言いますか(世のおば様方のほうがよっぽとお洒落に見えます)。
20代半ばまでは同世代に合わせなきゃ浮く!って無理に合わせました。
好きでもないアイドルの情報を話したり、ブランド物のあれこれが良い、など。
挙句の果てに元彼にすらブランド志向を押し付けました。
すまん、元彼よ。
それが20代後半に差し掛かりもういいかな、と。
無理したところで疲れるしお金もかかる。
今思うと私は周りと何ら変わりのない20代女子を必死に演じてました。
しかし実際は幼少時からの変人です。
少しはかわいい服に憧れを持つしTPOに合わせて着たい。
でも日常では清潔に見える範囲の服でいいんです。
ワンピースよりもパーカーとジーンズが好き。
別にお洒落に着こなせなくてもいい。
職場の人とワイワイ話すよりも仕事は黙々としたいし、終わったらさっさと帰りたい。
友達と会うのも月に一度が精一杯。
根っからの一人好き。
化粧品もブランド物使うのには疲れました。
キラキラ女子の価値観に合わせるのは大変です。
もうドラッグストアでいい。
人からこう思われたい、自分を良く見せたい。
そう思ってもそれ、本当の私じゃないし。
良く見せたいと思うから嫌われたらどうしようとか考えるけど、素の私だと興味本意で知らない人に話しかけたくなる。
恋人とベタベタするのも甘えられたりも嫌。
よく男を立てると言うけど、なんで?って思う。
対等に討論を好む派です。
男を立てたらその分の報酬をきっと自分も求めてしまう。

素の自分を受け入れ始めると楽です。
周りから変人だと思われてもいいや、って心境です。
それでも時に自分の過ちを気づかせてくれる人の存在はとてつもなく有難いです。


ちなみに結婚願望は10代まではカッコよく見せたいが為にないと答えてました。
男に頼らないで生きてくのよ!みたいな。
でも今の時代はほとんどが共働き。
さて齢も重ねた私の現在の本音は本当に結婚願望が無くなりました(笑)
周囲が結婚してもおめでとうと素直に言える派です。
女の嫉妬がまるでないと言ったら嘘だけど、結婚にそこまで夢はないです。
私みたいに孤独を愛し我が道を貫き通したい人間に結婚はとても不向き。
おそらく旦那さんがとても可哀想になってしまう(笑)


そんな自分を受け入れ今は幸せ。

 

一人じゃ気づけない

あまりの寒さに(かなりの冷え性)電気ストーブを購入。
無駄なことにお金使ってるかも・・・と頭をよぎったけれど、風邪を引いたら元も子もないので割り切る。
大量に買ったホッカイロ(実はホッカイロで冬を乗り切ろうと思っていた)たちは、朝の寒い段階で使わせてもらおう。
夜は寝るだけなのに10時間ほど温かいホッカイロを使うのはもったいないし、つけたまま寝ても火傷するだけだし。
夜やどうしても寒い日中に使わせてもらいましょう。

さて、寒くなり始めた今日この頃、私の体調は浮いたり沈んだり。
現在も通院して経過を見ているのだけど、心のどこかでもう少し休みたいっていう本音がちらつく。
でも貯金も減る一方だし、ただ一日を過ごすことが退屈になり始めてきたのも事実。
先生に仕事を再開したい旨と現状を伝えたら、年内は休んでもいいと思いますよー、との答え。
私が望んでいた言葉だったけど、先生は現実を突きつける。
『毎日一回は外に出て、9時から15時の間で動けるように慣らしていきましょう』
その時はっとした。
実はもうすっかり元気になったのではないか?と内心思っていたからこそ、休んでいる現状が後ろめたかったのだ。
でもそう思いながらも今の私が朝から夕方までの時間を外で過ごすことができるだろうか。
家の中でほぼ一日を過ごし、時折散歩して、ヨガをして。
一人なのだから元気に回復して当然だった。
それがまた社会に溶け込み、やる気いっぱい元気に仕事!というのは想像できなかった。
4時間ほどの外出でぐったりし、疲労感や倦怠感に苛まれる今、復職は現実的ではない。
その現状を理解していないのに後ろめたい、退屈という理由で仕事をしようとしていた。
そうだよなぁ、って。
なんでも極端な性格だからすぐ仕事って考えちゃったけど、そうやって自分を振り回したせいで今こうなってる。
自分で自分を振り回さないことを知らなくちゃいけないよなぁ。
自分自身を見る、って本当に難しい。
こんな時本音を言える人がいたらポンと簡単に客観的に答えを教えてくれそうだ。
一人の方が楽だけど、一人では気づけないことが絶対ある。
そういう意味でやっぱり人は一人で生きていけない生き物なんだなぁとなんとなく思う。
とりあえず言われた通り社会に溶け込む練習から始めるとします。

 

私に何ができるんだろう

断捨離、断捨離と思いつつ、やっぱりこびりついた執着はなかなか落ちることなく、でも少しずつ綺麗になっているように感じます。
現在はいらない通帳やクレジットカードを解約している最中です。
おまけにネットのいろいろな手続きも解約中。
服、家具も引っ越しに伴ってだいぶ捨てたものの、現在残っている物たちはボロボロなものも多い。
電気ストーブは家族に譲ったものの、新しい住処のエアコンは温風が出ないため買いなおしました。
本棚にある本、DVDもいずれは・・・と思いつつ手放せません。
もともと禅に惹かれていたけれど、心身を壊し療養中になった今、素人ながらに禅の思想を生活に取り入れています。
要らないものは捨てる。こだわりもすてる。
全部捨ててしまえー!!とばかりに思うのけれど、現実はそこまですっきり解放されていません(笑)
寒さは辛いし、空腹で倒れそうでもないけど、三食しっかり食べてるし(むしろ食べ過ぎているから問題)、ボロボロの服を着たら人からどう見られるだろう、そろそろ新しい服がほしいって思ってしまう。
けれど不満でいっぱいだった我が家、今のところ安心できる空間に感じられるようになりました。
エアコンの温風は出ないし、換気扇とトイレは入居してすぐに壊れたし、床は痛みが早いし、結露は毎朝拭いてもすごいし、招かれざる客(G)は出るし、真夜中のピンポンもあるし。
お隣さんのくしゃみが聞こえるほど壁も薄い!
不満たらたら~復職したらすぐでてってやる!・・・と思っていたけど禅の思想を取り入れてから、そしてある出来事があって心の変化があった。
私の住んでいる地域にはホームレスがいるんだけど、そのホームレスが寒空の下、コンビニの肉まんを握りしめていたことがあった。
その時、胸が苦しくなったんだよね。
寒くても雨風をしのぐことも飢えをしのぐこともできない。
人間にとって最大の欲求すら叶えることができない人間がいることを目の当たりにする瞬間。
今自分の置かれている状況の有難さを痛感する。
屋内にいて毎日お風呂にも入れてご飯は三食食べ、たっぷりの睡眠をとることができる。
当たり前の権利と思っていたものが当たり前ではありませんよー、って時々私に気づかせてくれる。
自分とは関係ない、って思うことができない。
だれしもそうなる可能性があるのが今の日本だと思う。
その時ただただ自分の置かれている状況が有難くて、自分にできることはなんだろうとしばらく考えていて思いついたのが家族に会うこと。
今は身近の家族に恩を返していくしかない。
貯金を崩して生活している身としては遠方の家族に会いに行くのはきついけど、何となくそうしなきゃって思って自分でも驚くくらいハイペースで手続きをしてしまった。
病気療養中なのだから自分を甘やかしていいでしょ、みたいな気持ちもあったのは事実。
でも恩を返したいっていうのも本当の気持ち。


私にできることって何だろう。