本来無一物

本来無一物

時に極端に、時にふらふら〜と生きている日常を綴ってます。

ネギって優秀

最近ネギを切ることにハマってます。

私は大の料理下手。

だから千切り、薄切りなんてまったくできない。

でもできる人にものすごく憧れがあって、よしやろう!と思い立って早一か月。

週に1、2回はネギを切れています(笑)

本当は毎日やりたいところだけど、ネギばっかり食べれないし。

前は他の野菜で包丁の練習したの。

キャベツとか、小松菜とか。

でも私そんなに野菜好きじゃないわ、ってことを思い出して、これは好きな野菜を使わねば!と考えて一番に思いついたのがネギでした。

昔からネギ好きです。

納豆に追加するのも鍋にするのも、焼肉に使うのも。

長ねぎと万能ねぎどっちも好きなんだけど、使うのはもっぱら長ねぎです。

単純に万能ねぎのカットがまだできないから。

長ねぎは一人暮らしでも一本は余裕で使えるのでちょこちょこ買ってます。

一本100円以下だから本当お財布にも優しいスーパーフードです。

 

 

あとハマってるのがモンスターエナジー

もう立派な中毒さ・・。

体壊したのにやめられない。

でも飲まないと頑張れないの。

あ、私が頑張れないのはちゃんと理由があったみたい(笑)

健康診断でひっかかりました。

まさかのD判定!

中性脂肪が異常に低いみたいです。

中性脂肪が低いっていうのは簡単にいうとエネルギー不足みたい。

疲れがとれないなどの症状がでるそうな・・。

でも今の食生活、生活習慣を変えるのは結構厳しい・・と思っていた時に職場の人に言われたよ。

野菜を食べないと、元気でないようになる、と。

今のめちゃくちゃな生活は若いからできることであって、10年後に後悔しないようにね、とためになる話をしてもらいました。

このタイミングでネギや他の野菜に興味を持ち始めたのは良い兆候ではないでしょうか。

思えばりんごの皮むきが出来れば料理ができる!と20代半ばまで思っていた私。

今では皮むきは出来ます。

でも料理はできません。

現実そんなに甘くはなかったぜ・・。

で、話を戻すと、モンスターエナジーの新商品パイプラインパンチがとても美味しい。

フルーツジュースの味がします。

なので箱買いしました、ネットで。

今までモンスターエナジーを飲まないためにコーヒー飲んだり、サプリメント飲んだりしてたけど、モンスターエナジーが一番効く気がする。

もう開き直って飲むことにしました。

気分的には爽快です。

 

・・・これは悪い兆しか?

 

どうでもいいこと

スーパーでモンスターエナジーの新商品を売ってて何気なく買ったら美味しくてリピートしようとしたら既になかったことが今日の悲しい出来事。

 

最近ちょっとした悲しい出来事が多いです。

観たい舞台のチケットが落選続きだったり、観に行く予定だった舞台がコロナの影響で中止になったり、化粧品を買った後にセールが始まったり。

これはいったいなんなんでしょう。

人生で初めての払い戻しも経験しました。

いつも『チケット発券お願いしまーす』ってコンビニに行くのに今日は『公演中止のチケットの払い戻しお願いしまーす・・・』とトーン低め。

でもコンビニの兄ちゃんよ。

かったるそうに言うのやめて。

気分暗くなるから。

今月はピンチだったけど、嬉しくない臨時収入を得ました。

観たかったなぁ、舞台。

戻ってきたお金は次の趣味に充てるために貯金しようかと思います。

次こそはチケット取れますように、舞台観に行けますように。

化粧品はセールにつられて買っちゃいました(笑)

 

楽天銀行を貯蓄用の口座にしてみました!

楽天銀行ってめーっちゃくちゃ不便だったんですよ。

預入だけで手数料かかるんですよ?ありえなくないですか?

楽天証券のために(マネーブリッジのために)作ったはいいけど不便だ~趣味用のお金をとりあえずいれとくか~ってな感じで作ったことを後悔していたくらいだったんですが。

でも裏を返せば、それだけお金を引き落とさないってことですよね。

逆手にとって貯蓄用にしてしまおうと考えました。

そこで利用したのがゆうちょ銀行との連携。

所定の手続きをすればゆうちょから楽天銀行への入金は無料になるのです(手続きには1か月半くらいかかります)。

このゆうちょとの連携がものすごく便利!

私はちょこちょこ貯金したいタイプなので、預入は少額からできることが必須。

あと手数料かからないことも大事。

その重要ポイントを叶えてくれたのがこのシステム。

ゆうちょだったら小銭を気軽に入金できる。

郵便局はどこにでもあるからね。

そして本来であれば手数料のかかる預入をゆうちょからならタダに!

楽天カードを使ってもすぐ使った分だけ振り込めば、クレジットカードの支払いタイムラグの気持ち悪さは軽減できます。

少しでも口座を減らしたいと思っているのになんだかんだ4つの口座はフルに使ってる。

もう管理する頭がないのに(笑)

でもこういうお金に関することを考えるのはやっぱり好きです。

そういう仕事の方が向いてたかな~。

 

 

 

そろそろ眠くなったので寝ます。

なんたって今日は4時半起きだったのだから。

 

一日一食は駄目

一日一食生活を一か月続けた感想。

というより・・・続かなかったです!

結局お腹が空いて夜食べるようになり、夜に脂っこいものを食べるものだから調子悪くなったり、身体がむくんだり~。

そんなんで体重増!

休憩時間食事を摂らないことで時間を多く取れることがかなりのメリットだったんですが、それ以上のデメリットが多かったので一日二食(朝昼)に戻します。

戻した感想としては・・やっぱり夜食べなくなりますね。

今日はめっちゃお腹すいた~!低血糖~!ってな気分だったんですがチョコを数個食べて、満腹になりました。

胃を休ませるのは本当に大事だと思います。

ああ、昼食を買う時間、浮いたお金を考えると一日一食もよかったなぁと思うけど、そもそも一食じゃなかったわって気づきました。

私には一日一食は合わなかったということです。

これは合う合わないがありますからね。

 

モチベーションをあげるために綺麗なスタイルの人を待ち受けにしてみたり。

またあの浮き出た鎖骨を取り戻すぞ!

そう、今やリバウンドしてデブになりました。

本当、なんで冬になったら肥えるの(泣)

夏の41キロに戻りたい~。

いろんな人に痩せた?って言われて嬉しかったな~(遠い眼差し)

現在の私、44キロ。

とほほ。

でも朝昼の食事に戻したら少しは落ち着くのではないかと思ってます。

 

 

あ、料理しなければ。

 

楽しいときもある

今月は乃木坂の久保ちゃんがいろんな雑誌に出るので嬉しいです。

楽しみだなぁ~。

ちなみに2冊はもう予約しました(笑)

25thしあわせの保護色も買うぞ~!

 

何のために働いているのかってことを考えてた時期があります。

今まで生きるため、働かなくちゃいけないって思ってました。

それは今も変わらない。

だけどもともと最低限の暮らしに憧れる私。

なのに(ありがたいことに)最低限以上の給料をもらっていた。

そのお金は大半貯金にまわしてたんだけど、貯金以外だと、食費などの雑費に使ってました。

服とか、Amazonで今思えばいらないものとか、食費とか。

食費なんて酷いときだと6万使ってたからね!一人で!

スムージーとか買ったなぁ~1個しか飲まなかったけど。

以前は三食食べてたから三食全てコンビニ、カップ麺、スーパーの総菜のローテーション。

体も壊して当然。

お金も使って体も壊すってどういうこと?(笑)

損しかしていないので、生活の質をぐんと落としました。

そして働く日数も減らしました。

食べる量も減らしました。

そして今に至る。

おおむね満足だけど、考えてしまったのよ。

何のために働いているのかなーって。

これは最初に書いたように、生きるため。

じゃあ何のために生きているのかなーって考えた時、ちょっと悩んだよね。

生活の質も落として、働く苦痛を減らして、自由を手に入れたはずなのに、私なんのために生きているんだっけ?

そんな迷子の時期があっての今。

一番に、家族の為。

昔はいろいろあったけど(今もあるけど)、家族が大好きです。

自分にできることならできる限りしたいと思っています。

でもそこまで献身的な人間でもないので、それ以外の理由も必要だなと思いまして。

うーんと考えた結果、お金はかかるけど舞台が好きってことに気づきました。

私は舞台観賞が好き。

もしお金があれば気になる舞台を好きなだけ観たい。

それと乃木坂46!

こんなにアイドルにハマるとは思わなかった(笑)

10年前の私が今の私を見たら絶句していることでしょう(大のアイドル嫌いでした)。

いやぁ、アイドルってお金を使わせるようにできているね、汚いね!

と思いつつも大好きです。ドハマりしてます。

もともとオタク気質が完全なオタクに。

好きな子がでてる雑誌は読みたいなと思うし、CDやBlu-rayも欲しい。

私は欲=悪!と思っていたんだけど、生きるためには欲も必要なんだなぁとしみじみ感じました。

欲を抱けば限りなく、やがて苦しみが生まれる。

だから欲は抱かない。

そんな長年の思いが私から生きる気力を削いでいたのかもしれない。

たかがアイドル、たかが舞台、だけど生きる理由にはちゃんとなるんです。

というか世間の人はうまく気分転換したり、息抜きしているってことですね。

この歳まで気づかなかったよ、私。

ということで、アイドル、舞台が好きと再確認したところで、その月、その月に楽しみが生まれましたね。

そんなことなくても生きていけるよ!って方、素晴らしいです。

だけど私には楽しみが必要。

そこなんだよね。

『私は』がなかった。ずっと私は『世間は』だと思っていた。

自分が!って主張する人っていやらしいな、飢えているみたいだなって思ってた。

だけど要は本人が幸せならそれでいいよね。

案外そういう人たちって気負いがなくのびのび生きているのかもしれないね。

線引きはもちろん必要だけど、可能な分だけその『欲』を大事にしてその分仕事も頑張っていきたいです。

 

 

よし、頑張るぞ!

食べるの大好き

私の生活の中で『食』は重要事項の一つです。

食べることが大好きだからね。

上京した時から自分の食事は自分で調達だったので、好きなものを好きなだけ食べる生活を送っています。

だから本当はたくさん、いろいろ食べたいけど、私結構貧乏な時もあったから。

米があることへの感謝って大きいんです。

よく子供が母親の作った料理に対して『え~またこれ~』という場面があります(配偶者が言う場合もありますね)。

その気持ち、とてもよくわかる。

いろんな料理、好きな食べ物をお腹いっぱい食べたいもんね。

だけどね、そんな言葉を発して険悪になる空気の方が、私は耐えられない。

貧乏なのは母のせいでも(もちろん父のせいでも)ないのに、質素な食事を用意しては不機嫌な顔をされてしまうのは大人になった今ではかわいそうだったと思います。

私の母はお金がない時代も子供にカップ麺を食べさせなかった人だから(カップ麺が割高っていう理由もあるだろうけど)、そういうところは感謝だなぁって思います。

母の味っていうのが思い出として残りますから。

 

貧乏を経験したことによって私の幸せのハードルはたぶん人より低い。

ちょっとしたことで幸せだなぁって思うんです。

本当、引かれるくらい貧乏だったんですよ。

シャワーが温かいのが幸せ。

家が綺麗なのが幸せ。

毎日ご飯が食べられる幸せ。

天気が良いのが幸せ。

気温が快適なのが幸せ。

幸せって本当身近に溢れています。

そう感じられないと困難な環境=不幸になってしまう。

私の場合体を壊したこともあって、健康でいられることの幸せっていうのも噛み締めています。

だからって苦痛を帳消しにできるわけじゃないんだけどね。

でも不幸だ~って思うよりは幸せって思った方が得だなって周囲の環境、自分の経験から学びました。

 

話を戻すと、そこまで食を重要視している私だけど案外質素な食事が好きなんですよ。

卵かけごはん、納豆ご飯、納豆のお粥、佃煮のお粥、塩おにぎり、ちょっとリッチに炊き込みご飯。

これ単品でも意外と満足できると思います。

学生時代は自分で朝食を用意するという暗黙のルールがうちにはありまして、私の朝食はもっぱらご飯、味噌汁(これは母が用意してくれました)、ハムエッグでした。

ハムのかわりにベーコン、ウインナーの時もあったし、目玉焼きだけのときもあった。

これが大満足だったんだな、私は。

高校生になると母が毎日おにぎりを作ってくれて、それが朝食になりました。

6年以上代わり映えのない朝食で過ごせたのだから案外質素な食事もストレスなく受け容れられると思うんですよねぇ。

だから非常事態でもお米さえあれば本当に生きていけるなって思います。

 

貧乏だったことも、自分で朝食を用意したのも、いい経験でした。

ちなみに私に料理のセンスはなかったらしく、『よし、美味しい料理を作るか!』って気持ちには一ミリもなりませんでした。

楽で満たされればいいのよ。