人生を楽しみます

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカル 『PARADE』 観劇

先日、石丸幹二さん、堀内敬子さん主演のミュージカル『PARADE』を観に行ってきました。

チケット代がなかなかお高く行こうかずっと悩んでいたけど、元劇団四季の二人だし・・・ととりあえずチケットを取って行ってみた。

私の初舞台観劇は14歳のときに見た劇団四季の『ライオンキング』で、劇団四季には並々ならぬ思いがある。あの舞台を見たからこそ、今舞台を好きになった自分がいる(でもそれ以来劇団四季を観に行ったことはなく、今年10年以上ぶりに観に行く予定)。

結果、とてもよかった。

よかった、なんて言葉で片づけたくないくらい頭から離れない。

夫婦の絆、人間の欲、差別。人間という生き物をとことん突きつけている作品だと思う。

一人の少女が殺害されたことで、多くの人間ドラマが展開する。

エリート思考でプライドが高かった主人公、レオ。お嬢様で世間知らずの妻、ルシール。

特にこの二人が私は好きだったな。

当初は価値観があまりにも違っていた二人だけど、レオが殺人犯にしたてあげられたことによって、関係性まで大きく変わっていく。

表面上は良い夫だったレオだけど、内心は自分のことしか見えていなくて、ルシールが外でどれだけバッシングを受けているかなんて全く考えられないし、辛いのは自分なんだと責め立てる。

ただの純真な女でしかなかったルシールだけど、レオを守るために変わっていくんだよね。

レオは信じてはくれなかったけど、レオを守るために奮闘して、知事の人生まで変えてしまう。

ルシールの勇気ある行動のおかげで、レオは『一人じゃなくてよかった』って思えるくらいに成長する。

この感情を石丸さんが見事に歌いあげていて、本当に『よかった、レオ』って私は思ったよ(ちなみにこの作品がどんな内容なのか知りませんでした)。

一方ルシール演じる堀内さんの力強さはすごかった。

『女性』という生き物そのものな感じがした。

柔和で穏やか、その分守ってあげなきゃいけないような儚さがあるかと思ったら、すっ飛ばして母性全開みたいな感じ。

無邪気な幼少期、複雑な思春期、何もかも包み込む成熟期。ルシールという役にすべてが詰め込まれている気がした。

かわいくて優しい部分、レオの言葉やバッシングに傷つく部分、怖いものは何もないと思えるほど、愛する人のために奮闘する部分。

ここが見事に表現されていたからこそ、レオの繊細さが生きたと思うよ。

これ、ルシールが下手だったら、レオまで足引っ張られてただ自分勝手で弱い男に見えたと思う(都合のいい時だけ女性に甘えるような男にね)。

夫婦の絆や愛がとても美しいものだと思えた瞬間はお二人の演技力の賜物です。

 

けれど運命は残酷で、二人のそんな幸せのひと時すら奪ってしまう。

レオの最期があまりにも悲しい。

なんであんな目に合わなくちゃいけないんだ、って思ってしまう。

でもそうするにはそうするだけの理由があって、やりきれない感情の末路があれなんだ。

戦争を含めて人の命を奪うって、それだけ人の良心や尊厳というものを歪めてしまうんだろうな。

最後のシーンで民衆がパレードを楽しむ中、ルシールは唇を噛み締めて必死に耐えているの。

ルシールにとって夫を奪ったのは故郷であって、その故郷でずっと生きていく決断は相当な覚悟がいると思う。

力なくパレードを横切り、最後それを見つめるルシールの眼差しが忘れられない。

悲しいのに強い眼差しをしていた。でもそれは憎悪ではないように私は思う。

そういう人間の性がテーマのこの話だからこそ、ルシールはそういうものと戦う強さを持って、最後あんな眼差しをしたんじゃないかな。

 

演技も歌も、文句のつけようがなく…というより鮮明に焼き付いてしまってどうしても離れなくて結局もう一度行きました()

2回目は当日券を入手するために並んだよ・・。

2回目は1回目よりも内容が理解できた分、最初から泣きそうになった。

皆さんなんであんな歌も演技も上手なんだろう。

プロローグからして魅了する歌声だよね。

全てが一体感を持った作品。

誰か一人が良いとかじゃなくて、全体のクオリティが恐ろしく高い。

 

 

余談だけど、主演のお二人、劇団四季で相手役を演じたことが何度かあるばかりじゃなく、同期入団らしい。

プライベートと演技は全く別物だと思うけど、この二人にしか作れなかったレオとルシールだと思ってしまう。

専門的なこともお二人の関係もわからないから完全に感覚で話しているけど、そう思う。

 

 

本当に素晴らしい作品だった。

同じ舞台を何度も観に行く人をまったく理解できない側の人間だったのについに仲間入りだよ()

パンフレットなんていらない主義だったのに買ってしまったよ()

 

いやー・・本当に素晴らしい作品だった。

また観たい。

美女と野獣

昨日はディズニーの実写映画の『美女と野獣』を観に行きました。

美女と野獣は世代だから観たことがあるけど、ずいぶん前だから内容は結構とんでいた。

最後は野獣が王子になってハッピーエンドでしょ?くらいなざっくりした内容以外忘れてた(笑)

 

そして映画を観に行ったら…

 

 

泣いたね‼︎

 

 

こんな話だったんだ〜って改めて観ると発見もあるね。

 

ベルって変わり者って言われてるけどすごく自分を持った女性で、それでいて美人って最強じゃない?

美人だからって我儘で高慢ちきなタイプでもなくて、頑固だけど学ぼうとする意識があるから柔軟性もある女性だと思う。

ベルの良さをエマがとても上手に演じていたように思う。

 

出演者の歌もとても素敵だったねー。

本当にディズニーってミュージカル向き。

 

 

ハッピーエンドになることはわかっているのに、終盤のシーンは泣いてしまったよ…。

特にポット夫人とチップのところ。

 

子供の頃は真逆の二人がくっついたように思えたけど、今回観てみてベルにはビーストが、ビーストにはベルが運命の相手だったんだなぁって思える。

ガストンなんてベルの容姿しか見てないし。

でもビーストはベルの外見も内面も同じくらい好きになったんだろうなぁ。

自分を変えてくれた、受け入れてくれたベルのことを最後は本当に愛していたから自分の物にならなくてもいいって思えたんだよね。

ベルにとってビーストは探究心を埋めてくれる、同じ価値観を持った人だったんだと思う。

どこか満たされずにいたベルにとってビーストこそが理想の相手だったんじゃないかな。

 

とにかく二人は理想のカップルだったんだと気づいてきゅんきゅんしました。

 

字幕版を観たんだけど吹き替え版も観たいなぁ。

ミュージカル俳優が勢ぞろいだから気になる。

 

おすすめの映画です( ´ ▽ ` )!

 

 

 

 

 

 

歌会 KAKAIでの思い出

歌会2017に行ってきました。
きっかけははいだしょうこさんにハマったから。
2ヶ月前から宝塚にハマっててそれで何故かまわりまわってはいださんに行き着いた。
天然の方というか元歌のお姉さんくらいの記憶だった。
そもそも私は彼女の世代よりも前だし自分がどのお姉さんの世代だったかは全く覚えていない。
おかあさんといっしょで覚えてるのはスプーだけ。
そのスプーを異形の姿に変えてしまった人というのはあとで知った(笑)
ユーチューブか何かで見て単純に綺麗な人だなって(綺麗な人に弱いです)。
で、何気なく歌を聴いたらめちゃめちゃ上手い。
失礼ながらポンコツイメージがあった人が別の場面ではプロっぷりを発揮されて驚いた。
とても天然で、精神年齢が8歳くらいなんじゃないかと思うのに、歌は本当に上手。
そして子供番組に出ていただけあってとても優しい性格みたい。
最近優しい人に弱いです。

で、はいださんがその歌会に出演されると知って即チケットを購入。
そして5月4日に行ってきました。
他の方を知らなくてどんな方たちなのだろうとyoutubeの今回の歌会の宣伝動画を見てみたら…はいださんなしでも絶対楽しめる!と思いました。
きっかけははいださんだけど、もちろんはいださんを拝見できるのは嬉しいけど、他の出演者たちがすごい人でした。
バリバリ舞台を生業とされている方たちでミス・サイゴンレミゼラブルに出演されているくらい。
ミス・サイゴンと言えば最近『命をあげよう』という曲でとても気になっていたミュージカルだったのでその出演者を観劇できるのはとても嬉しい(ちなみにミス・サイゴンは中学生の時DVDで観たはずなんだけど記憶にない)。

さて、いざ行ってみたら…
最初から爆笑(笑)
まずアナウンスがふざけすぎ。
渋い男性の低音ボイスで『(チケットを)買ってぇ〜♡』とおねだりが(笑)
携帯電話のマナーモードをお願いしながら観劇の妨げになるくらいなら『壊してしまいましょう』とめっちゃキュートな声での注意(これははいださんでした)。

ショー自体のクオリティが高いのはもちろん、プロが本気でふざけるとあんなにも面白いというのがわかりました。
一人一人のレベルが高く、一体感をもたせようという意識もすごく感じられた。
アニソンメドレーをミックスさせて本気で歌う。
だからキューティーハニーからムーミンの歌詞に早変わりみたいなのがあってものすごく面白かった。

泉見さんのセクシーな声にメロメロでした…。
てっきり20代の方かと思ったらもう40代の方でとてもびっくりした。
セクシーかつチャーミング。

佐山さん(『買ってぇ〜』のアナウンスの人)はいくつなんだろう?
少なくとも出演者で最高齢だと思うんだけど声量は彼が一番に感じた。
THEミュージカルボイス。

演出担当でもある原田さん。
びっくりするほどお綺麗な方。
男性3人の女装シーンがあるんだけど彼のクオリティが一番高く、どうみても女性(笑)
この随所に本気とお笑いを見事に融合させた彼の才能に感服しました。

綿引さん。
笑顔が魅力な方。
魅せ方がとても上手でいい意味でアイドルのような存在になれる方。
みんながファンになってしまうような役者さん。

入絵さん。
この人すごい(笑)
今回のショーのほとんどをお笑い担当をされていたのでは?
でも『命をあげよう』を歌った瞬間、今までのギャグを一瞬で吹き飛ばし観客を魅了してました。
引き出しがたくさんある方なんだろうな。
本当に素敵な人だ。

はいださん。
テレビで見るままの人だった。
嘘偽りではないことはお絵かき歌の時実感した(笑)
『生きている』の高音がさすがでした。
しかし何よりも好きだったのが『幼いコゼット』のところ。
本来であれば子供が歌う曲なんだけど、すごく素敵だった。
はいださんのソプラノボイスがただただ優しくて悲しくて、この曲を聴いたのは初めてだったんだけど家に帰ってから調べたくらい忘れられなかった。

今回の出演者はレミゼ出演者が多かったのでレミゼのメドレーを歌っていたんだけど皆さん本当に素晴らしかった。

観に行けて本当によかったし、できることならまた行きたかったけど残念ながら仕事で断念。

書きたいことはたくさんあるし、感想が全く尽きないほど感激したショーだった。
みなさんの舞台を見たいと思うほど素晴らしい役者さんたち。

 

久しぶりに前日からドキドキして興奮が収まらないまま帰宅しました。

夢のようでずっと終わらないでー!って思ったほど…。
充実した時間を過ごせました。
いい思い出♡

ご年配の方に席を譲ったら幸せをもらった話

最近仕事が忙しくあっぷあっぷになっております。

ついに一昨日は一睡もすることなく仕事に行きました。

寝れる時に寝て眠れない時は寝ない割り切りを身につけました( ̄∇ ̄)

 

 

さて、そんな風な日々を過ごしているので当然体は少々疲れております。

だから電車の席は何が何でも座る気で若いくせに恥じらいもなく血眼になりながら席をゲットします。

 

でもちょうど私の目の前にご年配の方がいらしたので、席を譲りました。

疲れているけど我慢出来ないことじゃないし。

 

その方が座ってくれて私は別のところに移動するか迷ったけど面倒でその場に立ってた。

多少あっちも気を使っちゃうよなぁと思って移動しようか悩み始めた時に、その方が私をちょんちょんと叩いた。

何かと思ったらビニールに入った紙のようなものが。

お金かと思って(笑)断ろうとしたら、よく見ると和紙に包まれた爪楊枝。

その方は笑顔で私に渡した。

なんだか、すごく嬉しかったよね。

そういう気遣いが。

ただ席を譲っただけなのに、そういう『感謝』の気持ちがとっても嬉しかった。

口下手だからちゃんとお礼はできなかったけど、マスクだったから感情も分かりづらかったと思うけど、私の感謝も伝わっていると嬉しい。

 

いいことをすると自分に返ってくるって本当だなぁって今日思ったよ。

 

幸せな気持ちにさせてもらいました。

いつか自分が歳重ねた時にそういう気遣いができる人でいたいな。

 

伝えるって難しい

現在職場のスタッフが入れ替え時期です。

きっと4月ってどこも一緒だよね。

私の職場ではバイトさんがとても多く社員がとても少なかった。

それが4月になって新入社員がぐん!と多くなった。

私としては嬉しいなーと思うんだけど別の見方をする方もいる。

大抵新入社員は緊張して無口になりがち。

でも社員なんだから溌剌と積極的に振舞って!っていう見方。

挨拶ができないとさらに好感度が下がる。

そういう子を見ると私は自分から挨拶する。

馴染めないんじゃないかなって見てて不安になるから。

私自身が最初はオロオロしちゃって積極性のカケラもない人間だから。

第一印象は大事だけどそれがその人の全てではないはずだし、改善できるなら先輩が伝えればいいんじゃないかなって思う。

でも伝え方を間違えるととても傷ついてしまって萎縮しちゃうのもよくわかる。

社会に出る以上、仕事である以上厳しさは大事だから自分の立場を弁えた上で注意をさせてもらっているけど、社員たちが働きやすい環境も作ってあげたいと思う。

社員が仕事を覚えたら助かるのも事実なので(笑)

 

でも社員の方が入って既に私にはプラスなんだ。

今までどこの職場に行っても私は年下だったし末っ子気質で周りから可愛がられていたと思う。

でもそろそろ周りに甘えられない年齢になってきていた。

そんな時に年下の社員がたくさん入ったからとても勉強になる!

今まで自分がしてもらってきたことをしたいと思うし、自分に甘えていられない環境になった。

そういう環境にしてくれた感謝も含めて社員との接し方を考えていきたい。

 

ただ問題は私の伝える能力が壊滅的であること( ;∀;)

それも勉強だな!

今日が人生最後の日だと思って生きる

そう思えばなんでもできる…という本や人を何度か見かけたことがあるけれど。

 

無理だろ!

 

残念ながら捻くれた性格の私はそれを素直に信じて頑張ろうとは現段階では思えない。

だって今日が人生最後の日だったら仕事に行きたくないもの。

今すぐ家族のところに行きたい。

けれどそれが毎日の日常にすれば私の未来は真っ暗だ。

仕事もせずに家族のところにずっといる…。

見方を変えればニートに戻ってる(笑)

 

どうしても現代の人(特に日本人)は1日の大半を仕事で終わることが多いと思う。

少なからず私と同じように仕事に行きたくないと思いながら1日を終える人もいるはずだ。

それはとてつもなくもったいないことだと気付きながらも圧倒的に時間が足りない。

 

だから今日が人生最後の日だと思う発想は私には無理。

その代わり一週間単位で考えれば現状況の私であれば可能だ。

今週が人生最後の週、みたいな。

考えた瞬間、1番最初に死にたくないという感情が芽生える(想像力豊かすぎるかも)。

すると活力も湧いてくるんだよね、不思議と。

月曜日は人に優しく、火曜日は目標のためだけに全力で、水曜日は友達と家族に連絡をとって…ってな感じで。

そう思うと楽しくもなってくる。

1日で全部をつぎ込むのは無理だけど一週間ならば不器用な私で7割くらいなら達成できるかも?

 

たとえ上手くいかなくてもドンマイ、また明日があるって思える。

実際本当に人生最後の週というわけではないしこの発想だと明日が楽しくなる。

本当の意味で1日を大切にできるんじゃないかなぁと思うのです。

 

あくまで私の思想だけど、ちょっぴりおすすめしたくなります。

 

 

女は単純

女心と秋の空と言うけれど、本質的に女も単純だと思う。

優しくされたら嬉しいし、嫌なことがあったら機嫌悪くなる。

そして今日の私。

髪型が上手く決まって機嫌がいい(笑)

美容院行った日は美容師さんがセットしてくれたから当然綺麗に整えられていたけど、いざ自分でやるとうまくいかない。

それが今日はうまくいったからそれだけで機嫌が良くなる。

そして天気がいいとさらに爽快な気分に!

 

朝を迎えて『あー、やだなー』と思いながら1日を始めるのはできるだけ避けたい。

 

だから少しでもいいことがあるとハッピーって思うようにしているし、実際ハッピー。

かなり単純な性格をしています。

 

今日は自分の思う通りに仕事をしてみようと思う!

自分が間違いかそうじゃないかをとりあえず自分自身で判断。

トライアンドエラーという言葉がある通りやってみて駄目だったら変えるというほうが自分にはあっている。

 

ちょっと楽しみな1日です。